事 務 局

医療法人 サンプラザ新札幌循環器病院
事務局長 荒道昭男

〒004-0052
札幌市厚別区厚別中央2条4丁目9番25号
TEL 001-892-6673(直通)
E-mail e4321c@sshoc.jp
URL http://www.c-linkage.co.jp/jasect2017/

運営事務局

株式会社 コンベンションリンケージ
事務局 第43回日本体外循環技術医学会大会運営事務局
〒060-0002
札幌市中央区北2条西4丁目1北海道ビル
TEL 011-272-2151
FAX 011-272-2152
E-mail jasect2017@c-linkage.co.jp
URL http://www.c-linkage.co.jp/jasect2017/

補助人工心臓ハンズオンセミナー

 植込型補助人工心臓(VAD)が本邦で使用可能となってから6年以上が経過し、のべ患者数も600名を超えてきています。さらに今後も患者数が増加すると見込まれています。
 そこで日本体外循環医学会学術委員会VAD部会では、多くの会員にご参加いただいた昨年に引き続き、今年もVADセミナーを開催することになりました。今年は「植込型VADとはどういうものか」をテーマにプレゼンテーションを行い、その後、実機を用いた体験型セミナーを開催します。「体外設置型VADとどう違うの?」「植込型VADのポンプの特性はデバイスによってどのくらい違うの?」「植込型VADって重くないの?」「患者教育って何するの?」など、実際に見て触れて比べて理解を深めていってください。
 VADに興味はあるが実際に触ったことがない方、日頃の業務でVADに触る機会のない方、国試を控えた学生の皆さんも大歓迎ですので、皆さまのご参加をお待ちしております。

開催概要

  • 日時:
     10月9日(月曜日:大会2日目)9:30~11:30
  • 会場:
     札幌コンベンションセンター(大会会場)204号室
  • 内容:
     [プレゼンテーション内容]
      ①心不全の分類、植込み決定に至るまで(実症例を提示しながら)
      ②植込み手術、急性期管理
      ③外来管理の実際、社会復帰について
     [デモンストレーション、ハンズオン内容]
      ポンプを体幹に括り付けて歩いてみよう(ボディーイメージをつかもう)
      ポンプの特性を比較してみよう
      バッテリー交換や緊急時の対応について体験しよう
  • 協力:
     ニプロ株式会社、株式会社サンメディカル技術研究所、センチュリーメディカル株式会社
  • 参加形式:
     オープン

日本体外循環医学会学術委員会 VAD部会
VADセミナー担当 梅田千典(自治医科大学附属さいたま医療センター)
定松慎矢(九州大学病院)
田口英昭(東京女子医科大学病院)