連絡先

【総会・学術集会事務局】

広島大学大学院 脳神経内科学
〒734-8551広島市南区霞1-2-3
TEL:082-257-5201
FAX:082-505-0490

【運営事務局】

株式会社コンベンションリンケージ内
〒531-0072大阪市北区豊崎3-19-3
PIAS TOWER11F
TEL:06-6377-2188
FAX:06-6377-2075
E-mail:jas2017@c-linkage.co.jp

演題登録

演題登録期間

演題募集を締め切りました。
多数のご応募をいただき、ありがとうございました。

締切後は演題の登録・修正・削除の操作は一切できません。
締め切り直前はアクセスが集中し、回線が混雑することにより演題登録に支障をきたすことも予想されますので、余裕を持ってご応募いただくことをお奨めいたします。

締切日までは、オンライン上で登録した抄録内容の修正も可能ですが、締め切り直前は混雑により修正出来ない可能性もありますのでご注意ください。

なお、登録締切日以降の共著者などの変更は受付できませんので、修正は必ず演題登録期間中にお済ませください。

COIの申告

演題の登録にあたってはCOIの申告が必須です。
演題登録を行う全ての筆頭著者は、その有無に関わらず、抄録登録時から過去3年間におけるCOI状態の有無を、抄録登録時に所定の書式によって自己申告しなければなりません。
共著者のCOIの申告は必要ありません。
COIの細則につきましては下記をご参照ください。
一般社団法人日本動脈硬化学会「医学研究の利益相反に関する共通指針」の細則

演題登録・COI申告の手順

STEP 1:COI申告書の作成

下のボタンをクリックして、COI申告書をダウンロードしてください。

ダウンロードしたCOI申告書をデスクトップに保存してください。ファイル名は、「49JASCOI_筆頭著者氏名」としてください。

デスクトップに保存したCOI申告書を開き、必要事項を記載してください。
※申告項目がない場合でも、「該当の状況」に「無」と記載してください。
 必要事項を記載したCOI申告書を上書き保存してください。
※こちらのCOI申告書を後ほどアップロードしていただきます。

STEP 2:演題登録

演題登録ページで、登録に必要な全ての項目を入力してください。
入力後、当該ページの最下部に表示される「次に進む」ボタンをクリックしてください。

登録内容の確認ページが表示されます。登録内容に間違いがないことを確認し、このページの最下部に表示される「登録」ボタンを押してください。

「登録番号」「参照・更新用パスワード」が表示されますので、このページをプリントアウトして保存してください。
※この画面からCOI申告書のアップロードを行いますので、画面を閉じないでください。

STEP 3:COI申告書のアップロード

当該画面の下部にある「論文ファイルのアップロード」ボタンをクリックしてください(STEP 1で作成したCOI申告書のアップロードを行うための「COI(利益相反)申告書ファイル登録」画面が表示されます)。

「参照」ないし「ファイルを選択」ボタン(ボタンの名称は使用されるブラウザにより異なります)をクリックしてください。
ファイル選択画面からSTEP 1で作成したCOI申告書を選択してください。

「参照」ないし「ファイルを選択」ボタンの横に選択したCOI申告書のファイル名が表示されていることを確認してください。

「アップロード開始」ボタンをクリックしてください。

「アップロードは正常に終了しました」が表示されたことを確認してください。
※こちらが表示されればCOI申告書のアップロードは完了となります。

公募内容

診断技術向上セミナー(一部公募)

登録言語:  日本語ないし英語
発表スライド:日本語ないし英語
発表言語:  日本語

<公募テーマ>

メディカルスタッフセッション2:この所見わかりますか?得られた画像から病態を推測する

▶テーマ詳細
動脈硬化診療において、医師のみならずメディカルスタッフによる関わりは非常に重要な意味を持ちます。
特に、動脈硬化診断における様々な検査技術の進歩は目を見張るものがあります。
そういった中で、時々これは!といった症例に巡り会うことがあるものです。
今回、メディカルスタッフセッション2として,「この所見わかりますか?得られた画像から病態を推測する」と題して、フイルムリーディングのセッションを設けました。
施設で経験した非常に珍しい症例,診断に難渋した症例,現在どう解釈したらよいか困っている症例など、是非皆で持ち寄って議論してみませんか?
どのような検査法で行った症例でも結構ですし,結論が出ていなくても結構です。
多数の応募よろしくお願いいたします。

一般演題(ポスター)

登録言語:日本語ないし英語
発表資料:日本語ないし英語
発表言語:日本語ないし英語

<演題カテゴリ>

  • 1.疫学研究
  • 2.血管生物学
  • 3.病理学
  • 4.プラーク破綻
  • 5.血管形成術・再狭窄
  • 6.炎症・サイトカイン・細胞内シグナル伝達
  • 7.細胞ストレスおよびアポトーシス
  • 8.血管新生
  • 9.分子生物学・発生工学
  • 10.臨床研究
  • 11.高血圧と動脈硬化
  • 12.腎疾患と動脈硬化
  • 13.内分泌と動脈硬化
  • 14.感染症と動脈硬化
  • 15.栄養学と動脈硬化
  • 16.糖尿病と動脈硬化
  • 17.放射線と動脈硬化
  • 18.脂質異常症
  • 19.リポ蛋白代謝
  • 20.脂質分析および検査法
  • 21.リポ蛋白受容体
  • 22.コレステロール逆転送系
  • 23.脂質吸収と食後高脂血症
  • 24.閉経後・高齢者の高脂血症
  • 25.小児の高脂血症・動脈硬化
  • 26.胆汁酸代謝
  • 27.脂質異常症と遺伝子解析
  • 28.肥満・メタボリックシンドローム・インスリン抵抗性
  • 29.動脈硬化と遺伝子解析
  • 30.加齢・老化
  • 31.動脈硬化イメージング
  • 32.急性冠動脈症候群
  • 33.脳血管障害(TIAやlarge, small, and micro-vessel diseaseを含む)
  • 34.末梢動脈硬化
  • 35.食事療法
  • 36.アフェレーシス
  • 37.薬物療法
  • 38.動脈硬化の外科治療
  • 39.ステント留置術
  • 40.新たな治療法の開発
  • 41.診療ガイドライン
  • 42.症例報告
  • 43.健診
  • 44.その他

プログラム編成の都合上、ご登録のカテゴリーとは異なるカテゴリーでのご発表をお願いする場合がございます。あらかじめご了承ください。

文字制限について

演題名(タイトル)

日本語登録: 全角80文字
英語登録: 半角200文字

抄録本文

日本語登録: 図表なしの場合 全角700文字
図表ありの場合 全角300文字
英語登録: 図表なしの場合 半角1400文字
図表ありの場合 半角600文字

図表

  • 1つのみ登録可能
  • 登録可能な最大所属施設数は10施設まで、登録可能な最大著者数(筆頭著者+共著者)は15名までです(登録画面は5施設、共著者10名までの表示ですが、共著者入力欄の後にある「所属機関・共著者の入力欄を増やす」のボタンをクリックすると、上記最大数までの入力欄が表示されます)。

応募資格

発表者は日本動脈硬化学会会員に限ります(共同演者はその限りではありません)。
未入会の方は必ず入会手続きをしてください。
演題登録の際には会員番号の入力が必要です。
入会および会員番号に関するお問い合わせは日本動脈硬化学会事務局までご連絡ください。

入会・会員番号に関するお問い合わせ先

日本動脈硬化学会事務局
〒113-0033 東京都文京区本郷3-28-8 日内会館B1F
TEL:03-5802-7711 FAX:03-5802-7712
E-mail:jas@j-athero.or.jp

入会手続きはこちらから

登録にあたっての注意事項

本演題登録システムにて使用できるブラウザは以下の通りです。

  • InternetExplorer
  • Safari(Ver.2.0.3(417.9.2)以降)
  • FireFox
  • Google Chrome

暗号通信の推奨と平文通信の使用について

平文通信は施設やプロバイダーなどの設定や環境に問題があり、暗号通信が使えない場合に限ってご利用ください。なお、平文通信をクリックしても、再度、暗号通信を推奨するUMINの画面が表示されます。
インターネットでやり取りされる情報は、情報の通り道になった施設の人に盗聴され、登録番号やパスワードを見られてしまう可能性があります。その場合、盗聴した人の悪意で抄録が改竄されたり、知らないうちに削除されたりということが起こり得ます。それ故、データを暗号化し、通信する「暗号通信」を推奨いたします。

パスワードの設定と登録の完了、登録した演題の確認・修正

演題を最初に登録する際、登録者に任意のパスワードを決定していただきます。
登録が終了しますと、登録番号(10000番台)が自動発行されます。登録番号の発行をもって、演題登録は終了です(登録完了メールが送付されます)。画面に登録番号が表示されない場合は、受け付けられていませんのでご注意ください。
登録された演題に修正を加える場合は、確認・修正ボタンを使用します。登録期間締め切り前であれば、登録番号とパスワードを入力することにより、何度でも修正・確認をすることができます。また、削除することもできます。修正するたびに、新規登録ボタンを使用すると、同一演題が重複登録されてしまいますのでご注意ください。
発行された登録番号とパスワードは登録者の管理に依存します。第三者の閲覧、悪用を防止するため、登録番号・パスワードの問い合わせには一切応じられません。

WEBメール(Gmail・Yahoo mail等)をご利用の方へ

本総会・学術集会からの各種メールが「迷惑フォルダ」に振り分けられてしまっている事例が多く見受けられます。未着と思われる場合はまず迷惑フォルダの中をご確認ください。メールソフトの迷惑メールフォルダ以外に、Webメールのアカウントにも「迷惑メールフォルダ」がある場合は、そちらも併せてご確認ください。

入力に際しての注意事項

  • 入力欄には必ず左詰で入力してください。抄録本文入力欄も同様です。
  • 「必須」の記載がある欄は、入力必須事項のため、データが入力されていないと登録できない設定となっております。
  • 登録された内容は、今後プログラム・抄録集などに掲載されますが、原則として登録されたデータに手を加えずに使用いたしますので、ミスタイプがあってもそのまま掲載されます。登録の前に十分ご確認ください。

使用文字について

  • 英字および数字は半角で入力してください。
  • 半角カタカナは使用できません。全角を利用してください。
  • ギリシャ文字が必要なときは、下のテーブルの記号をご使用下さい。シンボル(symbol)書体半角(1バイト文字)のαβγ等を使用するとabcなどに自動変換されてしまいますので、使用しないでください。
    文字 α β γ δ ε ζ
    入力 α β γ δ ε ζ
    文字 η θ ι κ λ μ
    入力 η θ ι κ λ μ
    文字 ν ξ ο π ρ σ
    入力 ν ξ ο π ρ σ
    文字 τ υ φ χ ψ ω
    入力 τ υ φ χ ψ ω
  • 英文や数字を入力する際には、O(アルファベット)と0(数字)や、l(アルファベットL小文字)と1(数字)、あるいはX(アルファベット)と×(かける)などきちんと区別してください。
  • 音引き「ー」とダッシュ「―」、マイナス「-」とハイフン「-」などの使い分けをしてください。
  • 英文入力の際には、ひとつの単語をハイフン(-)で切ることは行わないでください。
  • JIS規格に対応していない文字、飾り文字は使用できません。使用できない文字があると登録確認時に注意され登録できません。
    例 丸付き数字:①、❶
  • 抄録タイトルおよび抄録本文で、上付き文字、下付き文字、斜め(イタリック)文字、太文字、改行、アンダーラインが使用できます。下表の使用方法に従って設定を行ってください。これらの設定を行う場合の英字、記号(「<」、「>」や「/」等)はすべて全角文字(1バイト文字)を使用してください。本文中で不等号として「<」、「>」を単独で用いる際は、全角(2バイト文字)の記号(「<」「>」)を使用してください。
    文字の修飾 設定の仕方 設定例 表示例
    上付き文字 文字の前後を<SUP>と</SUP>で囲む NB<SUP>+</SUP> NB
    下付き文字 文字の前後を<SUB>と</SUB>で囲む H<SUB>2</SUB>O H2O
    イタリック文字 文字の前後を<I>と</I>で囲む <I>FOS</I> FOS
    太文字 文字の前後を<B>と</B>で囲む <B>太文字</B> 太文字
    アンダーライン 文字の前後を<U>と</U>で囲む <U>アンダーライン</U> アンダーライン

登録の完了について

  • 演題登録完了後、画面に登録番号(10000番台)が表示され、直ちにシステムよりご登録いただいた「筆頭著者の電子メールアドレス」に登録完了のメールが配信されます。この登録番号と確認メールをもって、演題受領通知とさせていただきます。
  • 登録完了のメールが送られてこない場合は、ご登録いただいたメールアドレスが間違っている可能性があります。確認・修正のページで「筆頭著者の電子メールアドレス」が正しく入力されているかお確かめください。
  • 演題の採否、発表日時のご連絡も当該メールアドレスへの送信にて行いますので、登録ないし修正の確認メールが届くことを必ずご確認ください。

演題新規登録・修正

暗号通信(推奨)

  • 新規演題登録 暗号通信
  • 確認・修正・削除 暗号通信

平文通信

  • 新規演題登録 平文通信
  • 確認・修正・削除 平文通信

※オンライン演題登録につきまして不明な点、疑問等がございましたら下記のページをご覧ください。

オンライン演題登録システムFAQ(一般利用者用)
UMIN一般公開ホームページ

※ご登録いただいた個人情報は、第49回日本動脈硬化学会総会・学術集会の運営準備の目的以外での使用はいたしません。また、ご登録いただいた個人情報は、必要なセキュリティを講じ、厳重に管理いたします。

COI申告書の修正について

  • COIの修正(更新)を行う場合は、再度COI申告書をアップロードしていただきます。
  • 修正(更新)したCOI申告書を作成し、保存してください。
  • 下の「COI申告書修正登録」ボタンをクリックして、COI(利益相反)申告書ファイル登録画面を開いてください。
  • 演題の登録番号とパスワードを入力し、「論文投稿画面に進む」をクリックしてください。
  • 「論文の修正」ボタンをクリックすると、最初にCOI申告書をアップロードいただいた画面と同じ画面が開きますので、同手順で新しいCOI申告書をアップロードしてください。
    ※アップロードが完了すると、COI申告書は新しいものに上書き保存されます。

暗号通信(推奨)

演題の採否について

  • ご応募いただいた演題は、プログラム委員会にて審査を行い、採否を決定いたします。
  • 演題の採否通知は、5月中旬頃、ご登録いただいた「筆頭著者の電子メールアドレス」に送信いたします。

発表にあたっての倫理性への配慮

ヒトを対象とした研究について

研究は、「ヘルシンキ宣言」、「ヒトゲノム・遺伝子解析研究に関する倫理指針」(平成13年3月文部科学省・厚生労働省・経済産業省告示第1号)、「疫学指針」(平成14年文部科学省・厚生労働省告示第2号(平成19年8月16日改正))、「臨床研究指針」(平成15年厚生労働省告示第255号)および各大学・病院等の研究倫理規定等を遵守してください。

動物を扱った研究について

研究は、「実験動物の飼育及び保管等に関する基準」(昭和55年3月総理府告示第6号)、実験動物の飼養及び保管並びに苦痛の軽減に関する基準(平成18年4月28日環境省告示第88号)、研究機関等における動物実験等の実施に関する基本指針(平成18年6月1日文部科学省告示第71号)、「動物実験の適正な実施に向けたガイドライン」(平成18年6月1日通知)を踏まえた各施設のガイドラインに則って行ってください。

演題登録方法に関するお問い合わせ

第49回日本動脈硬化学会総会・学術集会 運営事務局
株式会社コンベンションリンケージ内
〒531-0072 大阪市北区豊崎3-19-3 PIAS TOWER 11階
TEL:06-6377-2188 FAX:06-6377-2075
E-mail:jas2017@c-linkage.co.jp