第40回日本死の臨床研究会年次大会

第40回日本死の臨床研究会年次大会 ワークショップ2

ビギナーのための 人生最終段階の患者とのコミュニケーション
-対象者と援助者自身の「今ここ」に出会う-

定員に達したため、申し込みを締め切りました。


企画趣意
 ホスピスケアに携わるケアギバーは、あらゆる局面で質の高いコミュニケーションが求められています。ことに人生最終段階という状況では、様々な苦悩が深まっていく患者さんに対し、その思いを推し量りながらも、関わる事への気後れや困難感がつのっていくことは、少なくないのではないでしょうか。日常的なケアや支援のおりも対応に苦慮し、思いをゆきかわす事の難しさに、援助者自身が、無力感にとらわれる状況も少なくありません。このワークショップでは、こうした人生最終段階の患者の「今ここ」につながりをつけていく「コミュニケーション」をテーマにしています。講義やさまざまな演習を通し、内なる声に耳をすまし、対象者と援助者自身の「今ここ」に出会う機会となればと思います。

日   時 2016年10月8日(土)16:00~18:00
場   所 札幌コンベンションセンター107・108会議室
講   師 田村里子(WITH 医療福祉実践研究所 がん・緩和ケア部)
内   容 コミュニケーションに関する講義と演習(グループワーク・ロールプレイ等)
対   象 職種・経験年数には制限はありません(内容としてはビギナー向けを考えております)
参 加 費 無料(年次大会の参加登録は必要です)
申 込 方 法 [ワークショップ2参加申込]と記載し、下記の事項を明記して、E-Mailでお申込み下さい。E-Mailでの申込が難しい方については、お電話にてお問い合わせください。
①氏名(フリガナ) ②職種 ③臨床経験年数 ④緩和ケアの経験年数
⑤メールアドレス
申 込 締 切 2016年8月31日(水)
(ただし、それ以前に定員の70名となった場合には締切させていただきます。それ以後はキャンセル待ちとなります。)
申 込 先 第40回日本死の臨床研究会年次大会事務局
札幌医療生活協同組合 札幌南青洲病院
〒004-0801 北海道札幌市清田区里塚1条2丁目20番1号
TEL:011-883-0602 FAX:011-883-0642
E-Mail:jard40sapporo@gmail.com
担当:下倉、梅田、中島、森岡

ページのトップへ戻る

Copyright© 2015, 第40回日本死の臨床研究会年次大会. All rights reserved.