• DUALSCANに関するよくある質問
  • 一般演題募集期間
  • 事前参加登録
  • お問い合わせ

設立趣旨

「デュアルインピーダンス法を用いた内臓脂肪測定法研究会」
設立趣旨

 腹腔内脂肪(内臓脂肪)の蓄積は脂質異常症、糖代謝異常などの健康障害の発症と良く相関し、診断的価値は高い。内臓脂肪量の正確な把握には、X線CTによる測定が用いられているが、X線被曝が避けられないため、内臓脂肪量の頻繁な測定は困難です。近年、異なる2種類のインピーダンスによる「DUAL-BIA法」を用いて、X線被曝無しに短時間で定量的に簡単に内臓脂肪面積を測定する内臓脂肪測定装置(DUALSCAN)が開発され、臨床利用が可能になりました。

 この新しい内臓脂肪測定装置(DUALSCAN)を活用し、肥満症・糖尿病・循環器疾患・メタボリックシンドロームの診断、治療をテーマに、研究及び臨床の第一線にてご活躍の先生方に参画頂き、最新の研究や実践的アプローチを共有するとともに、意見交換の場を持つことを主眼に、新たな研究会を設立します。

 内臓脂肪蓄積の正確な測定は疾病予防や治療に取り組む上で重要であることは言うまでもないが、本研究会がさらなる知見を得られる場として活用され、その成果が、医学の発展に寄与することを目指します。

デュアルインピーダンス法を用いた内臓脂肪測定法研究会

Dual BIA研究会世話人(五十音順)

伊藤  裕
(慶応義塾大学医学部 腎臓内分泌代謝内科)
小川 佳宏
(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科分子内分泌代謝学分野)
勝川 史憲
(慶應義塾大学スポーツ医学研究センター)
菊池  透
(埼玉医科大学小児科)
斎藤 重幸
(札幌医科大学附属病院 保健医療学部)
田中喜代次
(筑波大学体育系・大学院人間総合科学研究科)
津下 一代
(あいち健康の森健康科学総合センター)
中尾 一和
(京都大学大学院医学研究科メディカルイノベーションセンター)
中里 雅光
(宮崎大学医学部 内科学講座 神経呼吸内分泌代謝学分野)
長嶋 正實
(愛知県済生会リハビリテーション病院)
福井 敏樹
(オリーブ高松メディカルクリニック(旧NTT西日本高松診療所))
原  光彦
(東京家政学院大学 現代生活学部 健康栄養学科)
細田 公則
(国立循環器病研究センター病院 生活習慣病部門 動脈硬化・糖尿病内科)
森  昌朋
(医療法人社団三思会 北関東肥満代謝研究所)
山門  實
(足利工業大学看護学部)
山田 正信
(群馬大学大学院医学系研究科病態制御内科学)
吉永 正夫
(国立病院機構鹿児島医療センター小児科)

ロゴマークについて

Dual BIAは、Dual Bioelectrical Impedance Analysis の略であり、2種類のインピーダンス(抵抗値)を計測して、内臓脂肪面積を算出いたします。
測定状態を頭部側より断面の視点でシンボライズし、デザインしています。
健康をイメージさせるグリーンを基調に、人を中心に波形を描き、波形の外側を薄くすることでクリーンになっていくことを予感させます。

ページの先頭へ