• DUALSCANに関するよくある質問
  • 一般演題募集期間
  • 事前参加登録
  • お問い合わせ

過去の開催抄録・講演録

第4回研究会講演録(優秀演題)

セッション1【健診・人間ドック】

1-1
「若年肥満症男性における生活習慣介入後のリスク消失はウエスト周囲長変化よりVFA変化によって予測された」
加藤 綾子(あいち健康の森健康科学総合センター健康開発部)

セッション2【内分泌・糖尿病・循環器】

2-2
「SGLT2阻害薬による内臓脂肪面積の変動と食事との関係」
夏目有紀枝(名古屋大学総合保健体育科学センター)

セッション3【小児肥満】

3-1
「小児肥満診療におけるDualscanを用いたメタボリックシンドローム発症予測」
貝沼 圭吾(国立病院機構三重病院小児科)

第4回デュアルインピーダンス法を用いた内臓脂肪測定法研究会

開会挨拶

第4回デュアルインピーダンス法を用いた内臓脂肪測定法研究会 当番世話人
津下 一代(あいち健康の森健康科学総合センター)
吉永 正夫(国立病院機構鹿児島医療センター小児科)

セッション1【健診・人間ドック】

座 長:
山門  實(足利工業大学看護学部)
斎藤 重幸(札幌医科大学保健医療学部基礎臨床医学)
演 者:
1-1「若年肥満症男性における生活習慣介入後のリスク消失はウエスト周囲長変化よりVFA変化によって予測された」
加藤 綾子(あいち健康の森健康科学総合センター健康開発部)
1-2「日本人間ドック学会デュアルインピーダンス法による内臓脂肪面積測定の臨床的有用性に関する委員会からの報告~複数回測定者による解析から~」
福井 敏樹(医療法人如水会オリーブ高松メディカルクリニック)
1-3「スマイル松山プロジェクトの結果から~HDS-2000デュアルスキャンの健康介入試験における有用性の検討~」
伊賀瀬道也(愛媛大学大学院老年神経総合診療内科)

テーマセッション1【肥満症栄養(食事)療法のイノベーション】

座 長:
中尾 一和(京都大学大学院医学研究科メディカルイノベーションセンター)
津下 一代(あいち健康の森健康科学総合センター)
演 者:
イントロダクション「人生の年代を意識した医食同源」
中尾 一和(京都大学大学院医学研究科メディカルイノベーションセンター)
S1-1「チーム医療による効果的な食事療法のアプローチ―メタボ対策レシピからの学習」
浅原 哲子(京都医療センター糖尿病研究部/臨床代謝栄養研究室内分泌代謝高血圧研究部)
S1-2「糖質制限食の普及と新たな臨床栄養学の夜明け」
山田  悟(北里大学北里研究所病院糖尿病センター)
S1-3「院内を飛び出した病院食 かるしおレシピ」
宮本 恵宏(国立循環器病研究センター予防健診部)

ランチョンセミナー

座 長:
福井 敏樹(医療法人如水会オリーブ高松メディカルクリニック)
演 者:
LS「DUAL-BIA法による内臓脂肪測定法の測定原理、測定精度、および測定時の呼吸位相を安定させる方法」
志賀 利一(オムロンヘルスケア株式会社技術開発統轄部)

セッション2【内分泌・糖尿病・循環器】

座 長:
森  昌朋(代謝肥満研究所)
細田 公則(国立循環器病研究センター病院生活習慣病部門動脈硬化・糖尿病内科)
演 者:
2-1「2型糖尿病患者における内臓脂肪蓄積は血圧と動脈stiffness・アルブミン尿の関連における介在因子か?」
坊内良太郎(東京医科歯科大学医学部附属病院糖尿病・内分泌・代謝内科)
2-2「SGLT2阻害薬による内臓脂肪面積の変動と食事との関係」
夏目有紀枝(名古屋大学総合保健体育科学センター)
2-3「血糖2,284mg/dlで入院したDKAにおける内臓脂肪面積と皮下脂肪面積の臨床経過と考察」
下田 容子(群馬大学大学院医学系研究科病態制御内科学)
2-4「冠動脈インターベンション施行患者における内臓脂肪量計測」
貞松 研二(雪の聖母会聖マリア病院循環器内科)

テーマセッション2【肥満症運動療法のイノベーション】

座 長:
林  達也(京都大学大学院人間・環境学研究科)
勝川 史憲(慶應義塾大学スポーツ医学研究センター)
演 者:
イントロダクション「運動療法の内臓脂肪減少効果オーバービュー:エネルギー出納,運動強度,個人差について」
勝川 史憲(慶應義塾大学スポーツ医学研究センター)
S2-1「内臓脂肪の定量化および減量による内臓脂肪の変化」
田中喜代次(筑波大学大学院人間総合科学研究科スポーツ医学専攻)
S2-2「スロージョギング」
田中 宏暁(福岡大学スポーツ科学部)
S2-3「運動以外の身体活動(NEAT)や座位行動が肥満や生活習慣病の予防・改善に果たす役割」
田中 茂穂(国立健康栄養研究所基礎栄養研究部)

セッション3【小児肥満】

オープニングリマークス
演 者:
吉永 正夫(国立病院機構鹿児島医療センター小児科)
基調講演
座 長:
原  光彦(東京家政学院大学現代生活学部 健康栄養学科)
演 者:
「肥満小児の長期予後からみた小児肥満対策」
冨樫 健二(三重大学教育学部保健体育科)
座 長:
長嶋 正實(愛知県済生会リハビリテーション病院)
菊池  透(埼玉医科大学病院小児科)
演 者:
3-1「小児肥満診療におけるDualscanを用いたメタボリックシンドローム発症予測」
貝沼 圭吾(国立病院機構三重病院小児科)
3-2「肥満児童における内臓脂肪と重心動揺との関連性」
山本 憲志(日本赤十字北海道看護大学)
3-3「肥満治療介入と内臓脂肪面積」
吉永 正夫(国立病院機構鹿児島医療センター小児科)

閉会挨拶

第4回デュアルインピーダンス法を用いた内臓脂肪測定法研究会 当番世話人

  • 全ての抄録データのダウンロード(PDF)

第3回研究会講演録

テーマセッション1演題、および優秀演題2演題。

テーマセッション<DUALSCAN内臓脂肪面積の基準値の検討>

S-2
「DUAL-BIA法を用いた内臓脂肪面積の小児の正常値」
吉永 正夫(国立病院機構鹿児島医療センター小児科)

セッション1<健診・人間ドック・コホート>

1-3
「若年成人における内臓脂肪と血圧の関連性についての検討」
山崎 浩則(佐世保市立総合病院 糖尿病・内分泌内科)

セッション2<内分泌・糖尿病・循環器・小児肥満>

2-1
「2型糖尿病患者における隠れ内臓脂肪蓄積と動脈硬化の関連」
坊内良太郎(東京医科歯科大学医学部附属病院)

第3回デュアルインピーダンス法を用いた内臓脂肪測定法研究会

DUALSCANハンズオンセミナー

演 者:
「正確な測定結果を得るための測定手技と測定結果に与える影響因子」
佐藤 哲也(オムロンヘルスケア株式会社)

ランチョンセミナー

演 者:
「DUAL-BIA法による内臓脂肪測定方法の測定原理・測定精度と最新情報」
志賀 利一(オムロンヘルスケア株式会社)
「情報提供」
富士フイルムファーマ株式会社
共 催:
オムロンヘルスケア株式会社・富士フイルムファーマ株式会社

開会挨拶

第3回デュアルインピーダンス法を用いた内臓脂肪測定法研究会 当番世話人
森  昌朋(医療法人社団三思会 北関東肥満代謝研究所)
山門  實(足利工業大学看護学部)

教育講演

座 長:
森  昌朋(医療法人社団三思会北関東肥満代謝研究所)
演 者:
「DUAL BIA法を利用した肥満症診療」
中尾 一和(京都大学大学院医学研究科メディカルイノベーションセンター)

セッション1<健診・人間ドック・コホート>

座 長:
斎藤 重幸(札幌医科大学附属病院保健医療学部)
福井 敏樹(オリーブ高松メディカルクリニック(旧NTT 西日本高松診療所))
演 者:
1-1「生活習慣改善プログラムにおける内蔵脂肪面積測定の活用について」
眞崎 義憲(九州大学 基幹教育院 学修・健康支援開発部)
1-2「内臓脂肪面積の減少及びメタボ関連検査値の改善には運動・食習慣両面の改善が必要である」
松下まどか(あいち健康の森健康科学総合センター 健康開発部)
1-3「若年成人における内臓脂肪と血圧の関連性についての検討」
山崎 浩則(佐世保市立総合病院 糖尿病・内分泌内科)
1-4「日高病院健診データに見る非アルコール性脂肪肝と内臓脂肪との関係―デュアルインピーダンス法を用いて―」
原田 文子(医療法人社団日高会 日高病院)
1-5「腹囲基準値未満の者における内臓脂肪測定の意義」
辰巳友佳子(国立循環器病研究センター)

テーマセッション<DUALSCAN内臓脂肪面積の基準値の検討>

座 長:
山門  實(足利工業大学看護学部)
菊池  透(埼玉医科大学 小児科)
演 者:
S-1「日本人間ドック学会デュアルインピーダンス法による内臓脂肪面積測定の臨床的有用性に関する委員会からの報告」
福井 敏樹(オリーブ高松メディカルクリニック(旧NTT西日本高松診療所))
S-2「DUAL-BIA法を用いた内臓脂肪面積の小児の正常値」
吉永 正夫(国立病院機構鹿児島医療センター小児科)

セッション2<内分泌・糖尿病・循環器・小児肥満>

座 長:
細田 公則(京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻)
山田 正信(群馬大学大学院医学系研究科病態制御内科学)
演 者:
2-1「2型糖尿病患者における隠れ内臓脂肪蓄積と動脈硬化の関連」
坊内良太郎(東京医科歯科大学医学部附属病院)
2-2「短期間の入院時における内臓脂肪の変化量のインピーダンス法を用いた測定」
羽田 裕亮(東京大学医学部附属病院 糖尿病・代謝内科)
2-3「2型糖尿病に対する選択的SGLT2阻害薬の内臓脂肪量減少効果―デュアルインピーダンス法を用いた検討―」
榊原 映枝(さかきばらクリニック)
2-4「SGLT2阻害薬治療早期の体組成の経時的変化~DUALSCANによる検討~」
中前恵一郎(医仁会武田総合病院糖尿病センター)
2-5「食事バランスガイドを用いた内臓脂肪蓄積者の栄養摂取状況」
澤 美由紀(京都女子大学家政学部食物栄養学科)
2-6「待機的冠動脈ステント留置術患者におけるデュアルインピーダンス法を用いた内臓脂肪測定」
仲野 泰啓(佐賀県医療センター 好生館)
2-7「小児肥満におけるDUALSCANによる内臓脂肪面積と肥満関連代謝マーカーとの関連」
菊池  透(埼玉医科大学 小児科)

特別講演

座 長:
中尾 一和(京都大学大学院医学研究科メディカルイノベーションセンター)
演 者:
「2型糖尿病の現状と今後の展望」
前川  聡(滋賀医科大学 内科学講座 糖尿病・腎臓・神経内科)

閉会挨拶

第4回デュアルインピーダンス法を用いた内臓脂肪測定法研究会 当番世話人

情報交換会


  • 全ての抄録データのダウンロード(PDF)

第2回デュアルインピーダンス法を用いた内臓脂肪測定法研究会

開催日

2014年9月6日(土)

会場

オムロンラーニングセンター

開会挨拶

中尾 一和(京都大学大学院医学研究科 メディカルイノベーションセンター)

教育講演

座長:
中尾 一和(京都大学大学院医学研究科 メディカルイノベーションセンター)
演者:
教育講演1「DUAL-BIA法と他の内臓脂肪測定方法との測定原理・測定精度の比較検討」
志賀 利一(オムロンヘルスケア株式会社)
教育講演2「様々な条件下におけるDUALSCANの測定精度の評価」
宮脇 尚志(京都女子大学 家政学部 食物栄養学科)

セッション1<健診・人間ドック>

座長:
福井 敏樹(NTT西日本高松診療所予防医療センタ)
津下 一代(あいち健康の森健康科学総合センター)
演者:
1-1「生活習慣が内臓脂肪面積に及ぼす影響と血圧、脂質、血糖値の関連について」
加藤 綾子(あいち健康の森健康科学総合センター健康開発部)
1-2「青年期成人の内臓脂肪と生活習慣の関連性」
山崎 浩則(長崎大学保健センター保健・医療推進センター)
1-3「Dual-BIA法による内臓脂肪面積と食事摂取量及び食事内容との関連」
兼定 祐里(京都女子大学大学院家政学研究科食物栄養学専攻)
1-4「内臓脂肪あるいはBMIの上腕-足首間脈波伝搬速度への代謝性因子を介した影響と血行動態上の影響との差の検討」
村上 一雄(松山赤十字病院 健診部)

セッション2<内分泌・糖尿病・循環器・消化器>

座長:
森  昌朋(医療法人社団三思会 北関東肥満代謝研究所)
細田 公則(京都大学大学院医学研究科 人間健康科学系専攻)
演者:
2-1「糖尿病患者における経年的な体重変化と内臓脂肪面積変化の関係―DUALSCANによる検討―」
卯木  智(滋賀医科大学 糖尿病腎臓神経内科)
2-2「デュアルスキャンを用いた、新規糖尿病治療薬 SGLT-Ⅱ阻害薬の内臓脂肪減少に対する効果」
榊原 映枝(医療法人社団若梅会さかきばらクリニック)
2-3「成人成長ホルモン分泌異常症患者における内臓脂肪面積の検討」
関  康史(東京女子医科大学高血圧・内分泌内科)
2-4「急性冠症候群患者におけるデュアルインピーダンス法による内臓脂肪測定」
仲野 泰啓(地方独立行政法人佐賀県医療センター好生館循環器内科)
2-5「非B非C(NBNC)肝癌の内臓脂肪測定を用いた新たな予測についての検討」
佐伯 一成(山口大学医学部消化器病態内科学)

セッション3<小児肥満・アンチエイジング>

座長:
吉永 正夫(国立病院機構鹿児島医療センター小児科)
山門  實(足利工業大学看護学部)
演者:
3-1「小児肥満児の減量過程における体組成変動の評価 ~Dual-BIA法の有用性について~」
貝沼 圭吾(国立病院機構 三重病院 臨床研究部)
3-2「小児におけるデュアルインピーダンス法による内臓脂肪、皮下脂肪面積測定と心血管危険因子との関係」
宮崎あゆみ(独立行政法人地域医療機能推進機構高岡ふしき病院 小児科)
3-3「デュアルインピーダンス法を用いた内臓脂肪測定法の介入試験「スマイル松山健康プロジェクト」での利用状況」
伊賀瀬道也(愛媛大学附属病院抗加齢予防医療センター)

総合討論

座長:
中尾 一和(京都大学大学院医学研究科メディカルイノベーションセンター)
志賀 利一(オムロンヘルスケア株式会社)

閉会挨拶

第3回デュアルインピーダンス法を用いた内臓脂肪測定法研究会 当番世話人

  • 全ての抄録データのダウンロード(PDF)

第1回デュアルインピーダンス法を用いた内臓脂肪測定法研究会

開催日

2013年9月22日(日)

会場

オムロンラーニングセンター

研究会設立趣旨

中尾 一和(京都大学大学院医学研究科 メディカルイノベーションセンター)

基調講演
肥満症診療における内臓脂肪蓄積測定の臨床的意義と「DUAL-BIA法」

座長:
森  昌朋(医療法人社団三思会 北関東肥満代謝研究所)
演者:
中尾 一和(京都大学大学院医学研究科 メディカルイノベーションセンター)

教育講演
Dual Scanの測定原理・測定精度

座長:
中尾 一和(京都大学大学院医学研究科 メディカルイノベーションセンター)
演者:
志賀 利一(オムロンヘルスケア株式会社)

セッション1 【健診・人間ドック・コホート】

座長:
宮脇 尚志(京都女子大学 家政学部 食物栄養学科)
細田 公則(京都大学大学院医学研究科 人間健康科学系専攻)
演者:
1-1「生活習慣病および動脈硬化対策としてのDUALSCANの意義」
福井 敏樹(NTT西日本高松診療所 予防医療センタ)
1-2「3ヶ月間の減量教室でみた、体重と腹囲と内臓脂肪面積の推移 ~DUALSCANの導入」
山崎 浩則(長崎大学保健センター 保健・医療推進センター)
1-3「内臓脂肪面積と他の検査値との関連~健診受診者を対象とした検討~」
村本あき子(あいち健康の森 健康科学総合センター)

セッション2 【内分泌・糖尿病・循環器】

座長:
海老原 健(京都大学医学部附属病院 臨床研究総合センター)
浅原 哲子(独立行政法人国立病院機構 京都医療センター)
演者:
2-1「肥満症・メタボリック症候群におけるDUALインピーダンス法を用いた内臓脂肪面積測定の臨床的意義」
伊藤  遼(独立行政法人国立病院機構 京都医療センター)
2-2「内分泌疾患における内臓脂肪評価」
市原 淳弘(東京女子医科大学病院 高血圧・内分泌内科)
2-3「内臓脂肪測定を用いた循環器疾病管理の実際」
東條美奈子(北里大学病院 循環器内科)
2-4「2型糖尿病患者におけるデュアルスキャンの有用性と注意点」
岸本 一郎(国立循環器病研究センター 糖尿病・代謝内科)

セッション2 【内分泌・糖尿病・循環器】

座長:
日下部 徹(京都大学大学院医学研究科 メディカルイノベーションセンター)
孫   徹(京都大学大学院医学研究科 メディカルイノベーションセンター)
演者:
2-5「循環器内科入院患者におけるデュアルインピーダンス法による内臓脂肪測定」
伊藤  遼(独立行政法人国立病院機構 京都医療センター)
2-6「当院でのデュアルスキャンの使用経験」
田中久美子(慶応義塾大学医学部 腎臓内分泌代謝内科)
2-7「デュアルインピーダンス法内臓脂肪面積計によるダイエット外来」
草野 洋介(国立病院機構 長崎病院 内科)

セッション3 【小児肥満】

座長:
松久 宗英(徳島大学病院 アンチエイジング医療センター 内分泌・代謝内科)
菊地  透(新潟大学医歯学総合病院 小児科)
演者:
3-1「小児肥満におけるDual Scanの有用性の検討」
菊地  透(新潟大学医歯学総合病院 小児科)
3-2「DUALインピーダンス法による内臓脂肪測定の小児への応用を考える」
貝沼 圭吾(国立病院機構 三重病院 臨床研究部)

総合討論

座長:
中尾 一和(京都大学大学院医学研究科 メディカルイノベーションセンター)
志賀 利一(オムロンヘルスケア株式会社)

クロージングリマークス

中尾 一和(京都大学大学院医学研究科 メディカルイノベーションセンター)

  • 全ての抄録データのダウンロード(PDF)

ページの先頭へ