第4回 日本心血管脳卒中学会学術集会

テーマ:心・脳血管病のクロストーク

  • 会期:2017年6月2日(金)・3日(土)
  • 会場:アクロス福岡(〒810-0001 福岡市中央区天神1-1-1)
  • 会長:飯原 弘二(九州大学大学院医学研究院脳神経外科 教授)

演題募集

1. 募集期間

演題募集は締め切りました。
多数のご応募ありがとうございました。

2. 演題区分

シンポジウム(一部演者指定)

1 超高齢者(フレイル)の心・脳血管病への対応
2 ESUS(AFスクリーニング)
3 心・脳血管病における脂質異常症管理
4 心・脳血管病のイメージング最前線
5 心・脳血管病のリハビリテーションの現状と未来
6 適確な抗血栓療法ー全身脈管病の観点から
7 急性再開通療法
8 心・脳血管病のレジストリーリアルワールドエビデンスを知る
9 心・脳血管病と医工連携(AI・ロボットテクノロジー・IoT)
10 心不全、補助人工心臓と脳卒中
11 新規抗凝固薬(DOAC)アップデート
12 無症候性心・脳血管病に対する適確医療
13 大動脈病変と脳卒中

一般演題(口演・ポスター)

1 脳卒中 診断、危険因子 11 治療リスク評価
2 脳卒中 内科治療 12 合併症
3 脳卒中 血管内治療 13 抗凝固療法
4 脳卒中 外科治療 14 抗血小板療法
5 心房細動 診断、危険因子 15 基礎研究
6 心房細動 内科治療 16 血管内皮
7 心房細動 血管内治療 17 症例報告
8 心疾患と脳卒中 18 コメディカル
9 頸動脈狭窄 19 その他
10 画像診断    

3. 応募資格

筆頭演者は本学会員に限ります。 未入会の方は学会ホームページ( http://cvss.umin.jp/ )をご参照の上、入会の手続きをおとり下さい(正会員年会費:4000円)。 ※コメディカルに関してはその限りではありません。会員でなくても発表できます。

4. 利益相反

学会当日の発表の際に、利益相反について共通指針に沿って開示していただきます。

第4回日本心血管脳卒中学会学術集会における利益相反(COI)情報の開示について

第4回日本心血管脳卒中学会学術集会の発表に際しては、以下の基準に基づき、ひな形を参考に発表時にCOI状態を開示して下さい。

基準

  1. 企業や営利を目的とした団体の役員、顧問職については、単一の企業・団体からの報酬額が年間100 万円以上は申告する。
  2. 株の保有については、単一の企業についての1 年間の株による利益(配当、売却益の総和)が100 万円以上の場合、あるいは当該全株式の5%以上を所有する場合は申告する。
  3. 企業や営利を目的とした団体からの特許権使用料については、1件あたりの特許権使用料が年間100 万円以上の場合は申告する。
  4. 企業や営利を目的とした団体から、会議の出席(発表)に対し、研究者を拘束した時間・労力に対して支払われた日当(講演料など)については、単一の企業・団体からの年間の講演料が合計100 万円以上の場合は申告する。
  5. 企業や営利を目的とした団体が原稿やパンフレットなどの執筆に対して支払った原稿料については、単一の企業・団体からの年間の原稿料が合計50 万円以上の場合は申告する。
  6. 企業や営利を目的とした団体が提供する研究費については、単一の臨床研究に対して支払われた総額が年間200 万円以上の場合は申告する。奨学寄付金(奨励寄付金)については、単一の企業・団体から、1 名の研究代表者に支払われた総額が年間200 万円以上の場合は申告する。
  7. 非営利法人(例、NPO)や公益法人(例、社団、財団)からの受託研究費や研究助成費で、交付金額が年間1000万円以上である場合に、企業や営利を目的とした団体が当該受託研究費や研究助成の専らの出資者である場合には、研究代表者が申告する。
  8. 企業や営利を目的とした団体からの寄付による大学の寄付講座については、特任教授など当該講座の代表者が申告する。複数の企業などから資金提供されている場合には,一企業当たり年間200万円以上の場合は申告する。
  9. その他

5. 応募方法

  1. 演題登録はUMINオンライン演題登録システムを利用したインターネットからの登録のみとさせていただきます。
    ※学会事務局に郵送するものは何もありません
  2. UMINオンライン演題登録システムでは、InternetExplorer、Netscape、Safari、FireFox以外のブラウザでは演題登録できません。それ以外のブラウザはご利用にならないようお願いいたします。Safariにおきましては、ver.2.0.3(417.9.2)以降のバージョンでご利用可能です。
  3. タイトルは全角文字で50字以内、共著者は20名以内、所属機関は10施設以内、抄録文字数は全角文字で600文字以内です。
    ※この字数を超えると登録できませんのでご注意下さい。
  4. 抄録本文の他、図表(JPGもしくはGIF形式)を1点登録する事ができます。
    ※図表を登録される場合は、抄録本文の文字数を400文字までといたします。
  5. オンライン登録時には演題登録番号が自動的に発行されます。ご自分で演題パスワード (半角英数6~8文字) も設定していただきます。この演題受付番号とご自分で設定した演題パスワードにより応募期間内に限り、登録した内容の確認・修正が何度でも可能です。
  6. オンライン登録した後は、確実に登録されているか、「確認・修正画面」にて必ずご確認ください。
    申込者のコンピュータ環境および技術的な問題で演題登録の不備をきたしても学会事務局およびUMIN事務局では責任をおいかねます。
  7. セキュリティーの関係から、演題番号とご自分で設定したパスワードの問い合わせには応じられませんのでご注意下さい。
  8. オンライン登録はUMIN (大学医療情報ネットワーク) 事務局の全面的な支援のもとに運営されています。オンライン演題登録に関する疑問や不明な点については、UMINがまとめたオンライン演題登録に関するFAQファイルをご覧下さい。
  9. オンライン登録および修正は、原則として暗号通信をご利用下さい。
    ※平文通信は、暗号通信が使えない場合(施設やプロバイダーの設定に問題があるか、ブラウザが古い)に限ってご利用下さい。

6. 演題受領通知

演題を登録・修正・削除されますと、ご応募の際に入力いただいた電子メールアドレス(携帯電話のメールアドレスは不可)に登録内容が自動的に送信されます。必ず入力した内容をご確認下さい。この登録確認内容をもって受領通知となります。なお、登録作業後1日が経っても受領通知メールが届かない場合は、登録が完了していない可能性があります。まずは登録されたメールアドレスに誤りがないか、「確認・修正画面」からご確認下さい。メールアドレスに誤りが無い場合は、お手数ですが演題応募期間の締切日までに事務局までお問合わせ下さい。

7. 演題採択通知

演題の採否および最終的な演題区分、発表形式はプログラム委員に御一任下さい。 演題の採否結果については、ご応募の際入力いただいた電子メールアドレス宛にご連絡いたします。(2017年4月下旬予定)

事務局

九州大学大学院医学研究院脳神経外科
〒812-8582 福岡市東区馬出3-1-1
TEL:092-642-5524 FAX:092-642-5526