遅くとも2021年度中に京都へ移転予定

東京一極集中の是正と地方創生を目的とした政府関係機関の地方移転の一環として、平成28年3月、文化庁の京都への全面的な移転が決定しました。

そして、平成29年4月に、先行移転として京都市東山区に「文化庁地域文化創生本部」が設置され、7月には、本格移転の規模(職員の7割)や移転場所(現京都府警察本部本館)等が決まり、遅くとも2021年度中に移転する予定です。

また、平成30年10月には、新・文化庁が発足し、文化庁が中核となって我が国の文化行政を総合的に推進していく体制がスタートしました。

文化庁京都移転準備実行委員会(構成:京都府、京都市、京都商工会議所)では、文化庁の京都移転の機運を盛り上げるため、シンポジウム及びアイデアコンテストを実施します。

文化庁の京都移転の詳細については、紹介パンフレットを御覧下さい。

新・文化庁の京都移転パンフレット

文化庁京都移転
「新しい文化政策」
アイデアコンテスト
応募を締め切りました。
ご応募ありがとうございました。

公開中(募集終了)

文化庁京都移転推進
シンポジウム

公開中

更新情報

2018.10.23
アイデアコンテストの応募を締め切りました。
ご応募ありがとうございました。
2018.10.22
文化庁京都移転推進シンポジウムを公開しました。
2018.10.03
ホームページを公開しました。