認知社会機能障害を簡便に測定する
トレーニングコース

司  会:橋本亮太(大阪大学)
 ワークショップへの参加者を募集いたします。
 統合失調症の治療において、その社会適応を考えていく際に、患者の現在の認知社会機能及び認知社会機能障害を知る必要がありますが、今まで簡便に測定する方法がなく、臨床現場では測定されていませんでした。今回、認知社会機能障害を簡便に誰でも測定できる方法を開発したため、臨床現場に還元し、統合失調症の治療に役立てていただきたいと考えています。

募集期間

2017年6月1日(木) 2017年8月17日(木) 2017年9月21日(木)

研修コース要項

日  時:9月30日(土)9:00~12:10
会  場:第6会場(204会議室)
参加費:無料
募集人数:70名(定員になり次第締め切ります)
【参加者が事前に準備するもの】
準備はこちらで行いますので、特に必要ございません。
「WAIS-III 実施採点マニュアル(10,800円)」をお持ちの方は、もってきていただけるとよいかと思います。

申込方法

研修コースへの参加には、事前の申込が必要です。「申込用紙」をダウンロードして、下記運営事務局までメール又は、FAXにてお申込みください。

《申込書送付先》

 第39回日本生物学的精神医学会・第47回日本神経精神薬理学会 合同年会 運営事務局
 株式会社コンベンションリンケージ
 〒060-0002 札幌市中央区北2条西4丁目1番地 北海道ビル4F
 TEL:011-272-2151 FAX:011-272-2152
 E-mail:bpnp2017@c-linkage.co.jp

ワークショップ概要

意義・開発の経緯
検査法の説明及び実習
検査の採点の仕方
検査の評価と使用方法