公募シンポジウム

下記の通り、両学会会員の皆様からシンポジウムを公募いたします。今回の学会開催の趣旨に添った方向だけでなく、幅広い視点からの魅力的なご提案をいただければ幸いです。

ご提案いただきましたシンポジウムは、第39回日本生物学的精神医学会・第47回日本神経精神薬理学会合同年会プログラム委員会にて検討の上、最終決定いたします。複数の案を統合するなど、ご提案の内容が必ずしも最終案とならないこともありますのでご了承ください。

募集期間

公募シンポジウムを締め切りました。
多数のご応募をありがとうございました

募集枠
10件程度
テーマ
1) iPS細胞
2) アルツハイマー型認知症に対する先制医療
3) プロテオミクス・メタボロミクス
4) 認知機能障害
5) 神経内科領域の先端研究
6) その他

なお、下記のシンポジウムは合同年会プログラムで開催予定です。
製薬企業における創薬研究(仮)

座 長:菊地哲朗(大塚製薬株式会社)

演 者:菊地哲朗(大塚製薬株式会社)

不安・恐怖の制御による精神疾患克服

座 長:井上 猛(東京医科大学 精神医学分野)
喜田 聡(東京農業大学 応用生物科学部バイオサイエンス学科)

演 者:井上 猛(東京医科大学 精神医学分野)
森信 繁(高知大学医学部神経精神科学講座)
坂口昌徳(筑波大学 国際統合睡眠医科学研究機構)
喜田 聡(東京農業大学 応用生物科学部バイオサイエンス学科)

睡眠・生体リズムの神経機構解明による神経精神疾患へのアプローチ

座 長:三島和夫(国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 精神生理研究部)
山中章弘(名古屋大学 環境医学研究所 神経系分野2)

演 者:山中章弘(名古屋大学 環境医学研究所 神経系分野2)
土居雅夫(京都大学大学院 薬学研究科 医薬創成情報科学専攻 システムバイオロジー
皆川栄子(国立精神・神経医療研究センター 神経研究所 疾病研究第四部)
三島和夫(国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 精神生理研究部)

依存性薬物の光と影-適正使用を目指して-

座 長:山口重樹(獨協医科大学 医学部 麻酔科学鋼)
新田淳美(富山大学大学院医学薬学研究部(薬学)・薬物治療学研究室)

演 者:新田淳美(富山大学大学院医学薬学研究部(薬学)・薬物治療学研究室)
橋本謙二(千葉大学社会精神保健教育研究センター・病態解析研究部門)
森野良蔵(公益財団法人がん研究会 がん研有明病院・麻酔科)
山口重樹(獨協医科大学 医学部 麻酔科学鋼)

情動・報酬と前頭葉機能

座 長:金田勝幸(金沢大学医薬保健研究域薬学系薬理学)
田中真樹(北海道大学医学研究科神経生理学分野)

演 者:金田勝幸(金沢大学医薬保健研究域薬学系薬理学)
戸田重誠(金沢大学付属病院神経科精神科)
松本正幸(筑波大学医学医療系生命医科学域認知行動神経科学)
雨森賢一(マサチューセッツ工科大学マクガヴァン脳研究所(京都大学))

抑うつ様行動とうつ病をつなぐもの:脳科学、進化精神医学の視点

座 長:南 雅文(北海道大学大学院薬学研究院薬理学研究室)
神庭重信(九州大学大学院医学研究院 精神病態医学)

演 者:南 雅文(北海道大学大学院薬学研究院薬理学研究室)
加藤忠史(理化学研究所 脳科学総合研究センター 精神疾患動態研究チーム)
神庭重信(九州大学大学院医学研究院 精神病態医学)

慢性疼痛(仮)
精神疾患とエピジェネティクス
うつ病における炎症・酸化ストレスの役割と創薬への発展性

座 長:古屋敷智之(神戸大学大学院・医学研究科・薬理学分野)
加藤隆弘(九州大学大学院・医学研究院・精神病態医学分野)

演 者:岩田正明(鳥取大学・医学部・精神行動医学分野)
北岡志保(神戸大学大学院・医学研究科・薬理学分野)
衣斐督和(京都府立医科大学大学院・病態分子薬理学教室)
西 大輔(国立精神・神経医療研究センター・精神保健研究所・システム開発研究室長)
加藤隆弘(九州大学大学院・医学研究院・精神病態医学分野)

統合失調症の認知機能改善
うつ病のグルタミン酸神経系からの治療戦略

座 長:橋本謙二(千葉大学社会精神保健教育研究センター・病態解析研究部門)
茶木茂之(大正製薬(株) 医薬研究本部)

演 者:廣田和美(弘前大学 大学院医学研究科 麻酔科学講座)
竹林 実(国立病院機構呉医療センター 中国がんセンター 精神科・臨床研究部)
橋本謙二(千葉大学社会精神保健教育研究センター・病態解析研究部門)
茶木茂之(大正製薬(株) 医薬研究本部)

認知症BPSDの生物学的基盤と治療
自閉症の生物学的基盤と治療
精神疾患の薬理遺伝・ゲノム学(PGt/PGx)

座 長:池田匡志(藤田保健衛生大学医学部精神神経科学)
金沢徹文(大阪医科大学医学部神経精神医学教室)

演 者:莚田泰誠(理化学研究所統合生命医科学研究センター ファーマコゲノミクス研究グループ
渡邊 崇(獨協医科大学医学部精神神経科)
斎藤竹生(藤田保健衛生大学医学部精神神経科学)
加藤正樹(関西医科大学医学部精神神経科)

fMRI研究の最前線

座 長:高橋英彦(京都大学大学院 医学研究科 脳病態生理学講座 精神医学教室)
橋本直樹(北海道大学大学院 医学研究科 神経病態学講座 精神医学分野)

演 者:岡田 剛(広島大学大学院 医歯薬保健学研究院 応用生命科学部門 精神神経医科学)
八幡憲明(国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構 放射線医学総合研究所
     分子イメージング診断治療研究部)
宮田 淳(京都大学大学院 医学研究科 脳病態生理学講座 精神医学教室)
小泉 愛(情報通信研究機構 脳情報通信融合研究センター)

強迫症の今日的病態理解と治療~その異種性を含めて~

座 長:松永寿人(兵庫医科大学精神科神経科学講座)
中尾智博(九州大学大学院医学研究院精神病態医学)

演 者:松永寿人(兵庫医科大学精神科神経科学講座)
柳下 祥(東京大学大学院医学系研究科附属疾患生命工学センター)
中尾智博(九州大学大学院医学研究院精神病態医学)
中前 貴(京都府立医科大学大学院精神機能病態学)

申込内容
1. オーガナイザー
2. シンポジウムタイトル
3. シンポジウムのねらいと概要(全角400字以内)
4. 座長
5. シンポジスト
募集要項
  • 「公募シンポジウム申込書」をダウンロードし、必要事項(1-5)をご記入の上、運営事務局までEメール(bpnp2017@c-linkage.co.jp)にてご提出ください。
  • セッション時間は120分といたします。
  • 原則として総合討論を入れた形式で企画を構成してください。
  • 座長は2名、シンポジストは原則4名以内といたします。
  • シンポジスト4名のうち、基礎・臨床各1名以上を含むように調整をお願いします。
  • 座長、シンポジストへの連絡調整や内容確認等はオーガナイザーが行ってください。
  • 座長やシンポジストへの参加登録費・謝金・旅費のお支払いはございません。
  • 非会員シンポジストは、参加登録費・懇親会費が無料ですが、旅費は支給しません。
  • 応募は1人1企画までとさせて頂きます。
  • 採否結果に関しては、本合同年会プログラム委員会で審議の後、各代表者へEメールにてご連絡いたします。類似したシンポジウムの応募があった場合は調整させていただくことがあります。
応募先
第39回 日本生物学的精神医学会・第47回 日本神経精神薬理学会 合同年会 運営事務局
株式会社コンベンションリンケージ内
〒006-0002 札幌市中央区北2条西4丁目1 北海道ビル4F
TEL:011-272-2151 FAX:011-272-2152
Email:bpnp2017@c-linkage.co.jp
公募シンポジウム 申込書