大会長挨拶

一般社団法人 
回復期リハビリテーション病棟協会
第35回研究大会 in 札幌
大会長 橋本 茂樹
札幌渓仁会リハビリテーション病院 
副院長 兼 診療部長

このたび、「一般社団法人回復期リハビリテーション病棟協会 第35回研究大会in札幌」を、2020年3月13日(金)、
14日(土)の2日間にわたり、北海道札幌市の札幌コンベンションセンターにて開催させて頂くこととなりました。

本大会のテーマは、「Be ambitious 明日(あした)にチャレンジ」といたしました。超高齢社会の進展の中において医療はさらに効率化が求められます。また、高いアウトカムも同時に要求されることになります。それだけではなく、2025年に向けて地域包括ケアシステムの構築は必須です。医療・社会制度のこの転換時、リハビリテーション医療を提供する私たちも真価を問われるときです。

回復期リハビリテーションを担う私たちもこの転換期にチャレンジが必要です。効率的で、アウトカムをしっかり出せるリハビリテーションへのチャレンジであり、退院した患者様が退院した後も身体機能とQOLを維持・向上できる「生活の視点でケアするまち作り」(迫井氏)へのリハビリテーションでの参画は重要です。大いなる志を掲げ、一歩前に進み出るときと考えています。

第35回研究大会は札幌での開催です。クラーク先生の言葉を借り、テーマを「Be ambitious 明日(あした)にチャレンジ」といたしました。

皆様の多数のご参加をお待ち申し上げております。

大会事務局:
医療法人渓仁会
札幌渓仁会リハビリテーション病院
〒060-0010
札幌市中央区北10条西17丁目36-13
TEL: 011-640-7012 FAX: 011-640-5083
運営事務局:
株式会社コンベンションリンケージ
〒060-0002
札幌市中央区北2条西4丁目1北海道ビル
TEL: 011-272-2151 FAX: 011-272-2152
E-mail: 35kaifukuki-reha@c-linkage.co.jp