第25回日本時間生物学会学術大会

発表者へのご案内

発表者の皆様へ

使用言語

日本語もしくは英語とします。スライド、ポスター、データブリッツ資料は英語で作成してください。

シンポジウム

  • 発表はノートPCの使用に限ります。発表者は発表用のPCをご持参ください。
  • 演台にはレーザーポインタとマイクが備え付けられています。
  • OHPでの発表はできません。
  • PCからの音声出力はできませんので、予めご了承ください。
  • 事前接続・投影テストが必要な場合は、シンポジウム前に会場にてお願いいたします。会場の発表舞台に直接PCをお持ちください。
  • 接続はMiniD-sub15ピン3列コネクター(通常のモニター端子)となります。PC本体の外部モニター出力端子の形状を必ずご確認いただき、必要な場合は(HDMI等)接続アダプターをご持参ください。
  • 演台では電源をご利用になれます。必要な場合はACアダプターをご持参ください。
  • 念の為に、バックアップメモリー(USBメモリなど)に発表ファイルを保存し、ご持参ください。

ポスター発表

  • ポスター発表は10月20日(土)・21日(日)にポンぺ会館セミナー室・良順会館専斎ホールにて行います。
  • ポスターの発表者は、下記の時間帯で指定番号の位置に掲示してください。
    掲示:
    10月20日(土) 8:00 ~ 12:00
    撤去:
    10月21日(日) 13:00 ~ 16:00 (以降は学会事務局にて処分いたします)
  • ポスター示説時はご自身のポスター前に待機し、質疑応答を行ってください。
    奇数演題:
    10月20日(土) 14:00 ~ 14:50
    偶数演題:
    10月21日(日)  9:30 ~ 10:20
  • ポスターボードの大きさは縦210 cm × 横90 cmです。左上に演題番号が貼られていますので(縦20 cm × 横20 cm)、余裕をもってポスターをご準備ください。ポスターサイズ
  • ポスター発表を行った学会員の中から「優秀ポスター賞」を選考し、日本時間生物学会より表彰いたします。受賞者の人数は発表者の5~10%です。優秀ポスター賞は学術大会に参加する評議員の投票をもとに、ポスター賞選考委員会にて選考いたします。

データブリッツ

  • 発表は医学部記念講堂で行います。
  • データブリッツ発表は下記の時間帯です(ポスター示説と同日)。
    奇数演題:
    10月20日(土) 13:00 – 14:00
    偶数演題:
    10月21日(日)  8:30 – 9:30
  • 発表時間は30秒(入替時間は含まない)です。質疑応答はありません。
  • 【重要】 事前に、発表用資料をA4用紙(横置き)1枚でご用意ください。この紙資料を会場の演台に設置している書画カメラを使ってスクリーンへ投射します。書画カメラの性質上、投映画質に限界がありますので、ご留意願います。文字サイズは20ポイント以上を推奨します。
  • 【重要】 発表はA4紙資料の使用に限ります。PCの使用や、スライド、OHPでの発表は出来ません。
  • 発表用資料は英語、発表言語は日本語もしくは英語でお願いします。

利益相反(conflict of interest,COI)の開示について

研究の公平・公正さを維持しつつ産学連携研究の適切な推進を図るため、日本時間生物学会では第23回学術大会より、発表時にスライドの最初あるいはポスター内の任意の場所に利益相反(産学連携活動により個人が取得する利益と、公正な教育・研究における責任が相反する状態)を開示していただくこととなりました。当学会の利益相反マネジメントに関する指針、および開示の様式は以下のアイコンより確認、ダウンロードできます。

日本時間生物学会利益相反(COI)