第25回日本時間生物学会学術大会

プログラム

2018年10月20日(土)8:30~

シンポジウム「個人、組織、社会の時刻合わせ −最大多数の最大幸福は善か−」

オーガナイザー:三島和夫(国立精神神経センター)、樋口重和(九州大学)

駒田陽子(明治薬科大学)、樋口重和(九州大学)、浅岡章一(江戸川大学)、内山 真(日本大学)

シンポジウム「個体に表出する時間生理学」

オーガナイザー:三枝理博(金沢大学)、増渕悟(愛知医科大学)

岡村 均(京都大学)、鈴木一博(大阪大学)、林 悠(筑波大学)、
檜井栄一(金沢大学)

総会・奨励賞授賞式・受賞講演

共催(ランチョン)セミナー

ポスター発表データブリッツI/ポスター討論I

シンポジウム「ヒトへの応用に向けた時間医学研究の新動向」

オーガナイザー:前村浩二(長崎大学)、小柳悟(九州大学)

柴田重信(早稲田大学)、明石 真(山口大学)、辰巳佐和子(滋賀県立大学)、
松永直哉(九州大学)

シンポジウム「生物時計の多様性と普遍性」

オーガナイザー:吉村崇(名古屋大学)、中道範人(名古屋大学)

伊藤浩史(九州大学)、中道範人(名古屋大学)、沼田英治(京都大学)、
影山龍一郎(京都大学)

教育講演「エピジェネティクスとはなにか?」

仲野徹(大阪大学)

懇親会:19:00~21:00

グラバー園 グラバーカフェ前広場にて
(雨天:園内長崎伝統芸能館)

2018年10月21日(日)8:30~

ポスター発表データブリッツII/ポスター討論II

特別講演I

堀田凱樹(井上科学振興財団)

特別講演II

永井良三(自治医科大学)

シンポジウム「Epoch-making Discoveries in Chronobiology」

オーガナイザー:粂 和彦(名古屋市立大学)、岩崎秀雄(早稲田大学)

粂 和彦(名古屋市立大学)、富岡 憲治(岡山大学)、松本 顕(順天堂大学)、
名越絵美(University of Geneva)

シンポジウム「Origin of Circadian Rhythms」

オーガナイザー:八木田和弘(京都府立医科大学)、大出晃士(東京大学)

八木田和弘(京都府立医科大学)、大出晃士(東京大学)、
向山 厚(分子科学研究所)、中西周次(大阪大学)、中村龍平(東京工業大学)

優秀発表授賞式・閉会式 ~16:00