第14回医療の質・安全学会学術集会

大会長挨拶

第14回医療の質・安全学会学術集会にあたって

中島 和江
大阪大学 教授
大阪大学医学部附属病院 病院長補佐
中央クオリティマネジメント部 部長
大会長:中島 和江

このたび、第14回医療の質・安全学会学術集会を2019年11月29日(金)、30日(土)の二日間、国立京都国際会館で開催させていただくこととなりました。

今回のテーマは、「レジリエンスの探求~つながり、共創、イノベーション~(Enabling Resilient Health Care through Connection, Co-creation and Innovation)」といたしました。レジリエンスとは、システムの特性を表す用語で、柔軟性、弾力性、しなやかさを意味します。

我が国のこれまでの「医療の質・安全」の歴史では、患者安全、特に急性期病院におけるインシデント対策が中心的課題として取り組まれてきました。この問題の解決には、さらなる検討とチャレンジが必要です。その一方で、急速に進む高齢化社会、医療の細分化、テクノロジーの進歩、国民のニーズの多様化など、激しく変化する社会経済環境の中、時々刻々と変化する医療現場では限られたリソースを用いて質の高い医療や介護を提供することも求められるようになりました。このようなゴールを実現するためには、個人の頑張りだけでなく、医療チーム、医療機関、地域医療などシステム全体としての柔軟なパフォーマンスが必要になります。

そこで、本学術集会では、様々な専門性や多様性を有する人々が「医療の質・安全」を共通言語としてつながり、創発的なひらめきを共創し、機能・価値の創造と技術革新などのイノベーションを引き起こし、ヘルスケアシステムにレジリエンスを実装したいと考えております。また、ヘルスケアシステムを構成する一人ひとりの行動がどのように統合され、全体としてうまくパフォーマンスしているのかについて、サイエンス、デザイン、マネジメント、教育等、さまざまな観点から学術的かつ実践的な議論が行われるよう準備しています。

レジリエンス・エンジニアリングの世界的権威であるエリック・ホルナゲル教授をはじめ、国内外からさまざまな学際領域の専門家をお招きいたします。参加される皆様からは、素晴らしい実践報告や研究成果が広く発信されることを期待しています。

世界的観光地である京都での開催です。早目に宿を確保していただき、学術集会と併せて、古都の晩秋をお楽しみください。

事務局
大阪大学医学部附属病院 中央クオリティマネジメント部
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2-15
運営事務局
株式会社コンベンションリンケージ内
〒531-0072 大阪市北区豊崎3-19-3 PIAS TOWER 11F
TEL : 06-6377-2188 FAX : 06-6377-2075 E-mail:14jsqsh@c-linkage.co.jp